HOME > 取扱原料 > 動物原料 > プラセンタ


ドイツ・パニンクレット社は、契約農場で飼育された健康な『豚』を使用することにこだわり、厳格な品質基準のもとに原料を選別しています。 
ドイツ・パニンクレット社のプラセンタは、その品質の高さから大手製薬会社等でも採用されている実績を持っています。

豚プラセンタについて

豚プラセンタは、様々な分野で長年の使用実績があり、非常に安心で安全な原材料です。 
医療レベルで使用が認可されているプラセンタは、豚プラセンタだけです。 

動物健康証明書

製造に使用する原料である『豚』には、ドイツ政府が発行する動物健康証明書 /Animal Health Certificateがロット毎に添付されています。
この証明書は、生存時に健康な状態で、病気にはかかっていなかった豚のみを使って製品化されていることを証明しています。 

パニンクレット社のペプチド技術

操業当初より、動物エキス製造の優れた技術を持ち、特に酵素加水分解の技術においては、世界トップクラスの技術をもっています。
パニンクレット社の「プラセンタ製品」は、人の身体にとって、もっとも理想的な『ペプチド状態』まで酵素加水分解されており、体内に吸収されたあと、すぐに役立つ栄養素として、分子量までも計算され製造されています。また、すべての分子量は、中心分子量が1万ダルトンになるよう調整されています。 
ペプチドについての詳しい説明はこちら。

プラセンタ規格基準

パニンクレット社の「プラセンタ製品」は、遊離アミノ酸・アミノ酸・必須アミノ酸のすべてのアミノ酸数値において、JHFAが定める『プラセンタ規格基準』に合致している高品質のエキストラクトパウダーです。


10kgの原料から1kgのパウダーを取り出し10倍濃縮のエキス末に仕上げています。
高濃度にエキス化された原料は、パニンクレット社独自の吸収しやすい『ペプチド状』に仕上げられた分子量と相まって、体内により効果的に働きかけることを可能にしています。   
スタンダードプラセンタエキストラクトパウダーは、JHFAが定めるプラセンタ規格基準の合致品です。
・水溶性ペプチド, 豚由来


『産み落とし胎盤100%』を原料とし、約25kgの原料から1kgのパウダーを取り出し、23倍〜25倍濃縮のエキス末に仕上げています。
ピュアプラセンタエキストラクトパウダーPAN100には、JHFAが定めるプラセンタ規格基準の合致品である証明として、遊離アミノ酸・アミノ酸・必須アミノ酸の分析書類が添付されています。 
・水溶性ペプチド, 豚由来

記載原料以外にも、取扱い可能な原料が多数ございます。
お気軽にお問い合わせください。